自己破産を弁護士に無料相談する流れ

説明

自己破産とは借金の返済能力がないことを裁判所に認めてもらい、
今までの借金を全て免除する手続きを指します。

借金で苦しむ人にとってありがたい手続きですが、「住んでいるマンションを追い出されるのでは?」
「家族の信用情報に悪影響なのでは?」と自己破産について不安を抱えている方はいませんか?

こちらでは自己破産を弁護士に依頼するメリットや、無料相談の流れについて解説しています。

目次

自己破産を弁護士に依頼するメリット

借金が膨れ上がりすぎてどうしようもなくなった時は、
自己破産を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

自己破産についてマイナスイメージを持っている方は多いものの、
弁護士に依頼するメリットは次のようにたくさんあります。

  • 法律に関する正しい知識や経験を持つ専門家に相談できる
  • 免責許可決定で借金の支払い義務が免除される
  • 自己破産の申し立てや解決までのスピードが早い
  • 自分で裁判所に向かう手間を省くことができる

自己破産は原則的に借金を支払う義務がなくなるため、借金に追われる生活から逃れられるわけです。

自己破産を弁護士に無料相談できるって本当?

債務整理の中でも、自己破産は最終手段です。

借金で苦しんでいる人の中でも、下記に該当するのであれば自己破産が向いていますね。

  • 不動産や自動車などの財産を所有していない(20万円以上の高額な財産は債権者に分配される)
  • 収入が不安定、または無職で一切の収入がない
  • 一定の職業に就けなくなる資格制限が今の仕事に影響しない

しかし、本当に今の自分に自己破産が必要なのかどうか、疑問を抱えている方は少なくありません。

そこで、自力で解決しようとせずにまずは、弁護士に無料相談をしてみましょう

多くの弁護士事務所では無料相談が実施されていますので、
依頼者は金銭的な負担なく、自己破産すべきなのかを専門家に相談できます。

無料相談の時間は制限されていますが、時間内に終われば完全に無料です。

もちろん、弁護士が相談者の許可なく時間を延ばして、
追加費用を請求することはありませんので安心してください。

自己破産の無料相談の大まかな流れ

借金をどうすればいいのか迷っている人のために、
以下では自己破産の無料相談の大まかな流れを説明します。

  1. まずは相談したい弁護士や司法書士が在籍する事務所を探す(実務に制限がある司法書士よりも弁護士の方がおすすめ)
  2. 電話やネットで相談日を決める(持参して欲しいものを指定されることが多い)
  3. 自己破産の相談をした後に熟考期間が設けられる
  4. 依頼した弁護士と今後の方針について一緒に決めていく

無料相談をした後に、必ずしも自己破産の手続きを依頼しないといけないわけではありません。

自分に向いている債務整理なのかどうか、弁護士に相談するだけでもOKです。

無料相談の前に用意しておきたいメモ

自己破産の無料相談を弁護士にすると、下記の内容について尋ねられます。

  • 今現在の借金の総額
  • 借り入れている業者の数
  • 現在の収入状況
  • 借金をした理由
  • 家族や周囲の状況

無料相談を依頼した時に説明を受けますが、免責許可に関わる大切な内容ですので、
専門家と話し合う前にメモを用意しておいた方がいいでしょう。

「借金額や借金の理由を話したくない」と考える気持ちはわかります。

しかし、自己破産の手続きを進める上で欠かせない情報ですので、
恥ずかしがらずに現状を弁護士に伝えてみてください。

自己破産で本当に借金がなくなるの?

自己破産は借金の支払いが不可能だと裁判所に証明する手続きですので、高確率で借金がなくなります。

100%とは言い切れないものの、専門家からの申し立てでは裁判所からの信用を得やすいのです。

ただし、個人の状況によっては自己破産ではなく、他の債務整理の方が良いケースもあるため、
弁護士に相談することから始めましょう。

最後のまとめ

以上のように、自己破産の無料相談についてまとめました。

自己破産を専門家の弁護士に依頼すると、「高確率で借金がなくなる」
「借金問題の解決までのスピードが早い」といったメリットがあります。

しかし、借金を抱えているからといって、必ずしも自己破産が最適な手段とは限りません。

素人では正確な判断を下すことができませんので、「自己破産した方が良いの?」
「他の債務整理の方が良いの?」と悩んでいる方は弁護士に無料相談してみてください。

イージス法律事務所

イージス法律事務所

  • 借金をどれだけ減額できるか、過払い金の有無を無料で診断
  • 全国対応かつ個人情報厳守なので、家族や会社にもバレない
  • 手続き費用は分割で後払い可能、今お金がなくても問題なし